先生のひとりごと

途中式も丁寧に説明するので安心してね

恭子先生
恭子先生
みなさん、こんにちは。

シンクス上永谷教室、阪東橋教室の教室長 菅野恭子です。

プロフィールはこちらからどうぞ

あっというまに11月も終わります。

いよいよ12月ですね。

 

さて、今日は、中学生の数学について。

数学は、ひとつひとつ積み重ねていかなくてはいけない教科です。

躓いた原因を探るのに、小学生の学習範囲までさかのぼらなくてはいけない場合もあります。

ですから、途中、理解が足りなかった単元がある場合、そこがわからないばかりに、つぎに学ぶ単元にまで影響を及ぼしてしまいます。

たとえば、中3になって、なんとか苦手を克服しようと気合を入れて取り組むとしましょう。

そのとき、問題集を一冊買って取り組むとします。

問題を解いて、答え合わせ。解答を見ると、途中式が書いてありません。

はて? どうしてこういう答えになるのかな?

間違っていたとしても、なぜ間違ったのか、そして、どう計算したら正しい答えになるのかがわかりません。

その計算は、小学校または中1、中2ですでに学んだものなので、途中式をいちいち入れてはくれないのです。

そこで、やっぱりわかんない、もうやりたくない、と投げ出したくなってしまうのですよね。

 

独学もそうですが、一斉授業の塾でも同様かと思います。

せっかくやる気になったのに、今から生まれ変わろうとしているのに……

悲しくなりますよね。

だから、シンクスでは、途中式も丁寧に解説しています。

やる気になったときがチャンス。

何度もあきらめてしまった子も、一緒にやりなおしてみませんか?

 

勉強が苦手、嫌い、できることならずっとやらずに逃げていたい。

わかりますよ、その気持ち。

でも、ちょっとでもやってみようかなと思ったら、体験を受けにきてください。

私は、みんなの「わかった!」という瞬間の笑顔を見るのがとても好きです。

つぎは、だれが「わかった!」ときの満面の笑みを見せてくれるか、楽しみです。

体験学習受付中です

シンクス上永谷教室 月・水・金 15:00~

シンクス阪東橋教室 火・木   15:00~

お問い合わせはこちらからどうぞ!