今日の教室風景

日本史探偵コナン読みに来てね!

恭子先生
恭子先生
みなさん、こんにちは。

シンクス上永谷教室、阪東橋教室の教室長 菅野恭子です。

プロフィールはこちらからどうぞ

ここ数日、風が強いですね。

私は、風の日が苦手。体の中がスカスカしていくような気がして、あまり風に吹かれたくないのです。そよそよと優しいそよ風くらいがいいですね。

新しい本が入りましたよ

さて、今日は阪東橋教室の日です。

阪東橋教室には、参考書や児童書が数冊あるのですが、新しい本が入りました。

これです!

日本史探偵コナン。

歴史まんがなのですが、おなじみ、コナンくんと少年探偵団が登場。

縄文時代から昭和時代まで、全巻そろっていますよ。

歴史は、得意な子と苦手な子に分かれますね。どの教科でもその傾向はありますが。

特に歴史はその傾向が強く、得意な子にとってはもはや趣味のようなものだと思います。

好きこそものの上手なれ

つい先日のこと。子どもと一緒に近所のサイゼリヤに入りました。

お隣のテーブルでは、高校生男子3人が歴史の勉強をしていました。

ひとりが講義をして、残りのふたりが頷きながら聞いています。

講義をしている子は、教科書の内容に加え、歴史の裏話や、もしこの事件が起きなかったらという想像の話、また、過去の出来事に遡って解説を加えたり、まるで歴史博士のよう。

単に教科として歴史を学ぶというよりは、趣味や娯楽として学んでいるようでした。

きっと、テストでは、かなりの高得点をたたき出していることでしょう。

やっぱり、好きこそものの上手なれというのは真実だなあと実感しました。

興味を持つきっかけに

興味を持つきっかけは、意外とささいなことだったりします。

でも、そのきっかけを大事に育てていくと、美しい花が咲いたり、大きな実がなったりするのですよね。

この本も、歴史への興味のきっかけになったらいいなあと思います。

教室で見かけたら、ぜひ読んでみてください!